不動産管理あるあるエッセイ

不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるあるエッセイ「防火対象物点検義務の範囲」文/田中Mint

消防点検より影の薄い防火対象物点検 消防点検は、消防署に目をつけられ、再三の改修忠告を無視すると、消防庁のホームページに消防設備が未完全であることがオープンされてしまいます。 なんて嫌がらせだ! それに比べて、防...
不動産管理あるある

ゴミ処理について

不動産管理あるある

不動産あるあるエッセイ「内装工事 各所届け出(申請)誰が申請?」

ビル管理会社として、テナントが全面内装工事を行うときの 消防設備に関する予備知識 内装時に考えなければならない主な消防設備 ○消火器 ○誘導灯 ○感知器 ○スプリンクラー ...
不動産管理あるある

優越的地位濫用について

飯島愛とのあやしい関係 +不動産あるあるエッセイ+ ○○的という呼び方はどうしても飯島愛を思い出してしまう。いい意味で。 しかし、公的ネーミングとしてはいいのかどうかよくわからない。 飯島愛...
Uncategorized

田中屋の夕刻日誌「どんぶり勘定のさだめ」田中宏明  

どんぶり勘定 どんぶり勘定って言葉があって、なんか適当な印象があって、良くない意味で使われていることもあるかもしれない。 それでもちょっと考えてみてほしいのですが、どんぶり勘定が世界を回している可能性さえあるんですよね...
不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるある「防火戸はどこに必要?」
文 田中Mint

ここには防火戸いる? この居室には防火戸が必要でこの居室にはなくてもいい? わからなくなるときありますよね。 消防法の条文をみてみればいろいろ、保険の約款みたいに書いてあります。 これについては、ひとつだけ...
不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるある「保健所の検査 水質検査」

水質検査証は必要か 受水槽・高架水槽など、水槽をを経由して、店舗に水がたどり着く場合は、保健所の検査として、水質調査証は必要となります。 なぜ、水槽があると水質検査証がひつようなのか 水槽がふるくなっていたり、水...
不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるある「シャボネット」

保健所の許可に必要なもの 保健所の検査で必要なものとして、手洗い石鹸の設置というものである。いわゆるL5の手洗いというものを用意できるのであれば、そこに石鹸(ハンドソープ)を入れることができるのでそれで済みます。 ...
不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるある「飲食店営業に必要なシンクの数」

シンクは何個必要か。 答えとしては、3つと覚えておこう。 その使い道は、 1、 手を洗う用2、 食器を洗う用3、 食材を洗う用 1はいわゆる手荒いL5と呼ばれやつですね。 つまり2層シンクがひ...
不動産管理あるある

田中屋の夕刻日誌「家は住まないと傷むというのは本当なのか」

迷信は嫌いじゃないけれど、たまに「それどういう理屈?」と思うものもある。基本的には理屈は追わないのですが、科学的物理的に攻めてくるものには、その説明がほしくなるときがある。 小さい頃、風呂場で口笛を吹くと蛇が出ると言われてきた。これ...
不動産管理あるある

田中屋の不動産管理あるある「住民票の写しとは」

提出書類:住民票の写し そう、そんなときは、住民票のコピーを提出すればいい。 と、思っていたのですが、そうではなかった。 住民票の写しとは、役所等で発行した原本のことである。 そんな勘違いを長らくし...
不動産管理あるある

田中屋の不動産あるあるエッセイ「1号風俗申請」田中Mint

昔の会社の話である。 1号風俗申請に必要ないくつかのこと。 そのふたつ パーテーションは1m以下 照明に調光はダメで、オンオフのみ。 突然、テナントから連絡が...
不動産管理あるある

田中屋の不動産あるあるエッセイ「インボイス制度とは」

インボイス制度ってなんだよ。声がどうかしたのかよ! いつのまにか出てきやがって、国税庁がからんでいるので、取り締まり厳しそう。 しかし、マイナンバーとかあの辺と同じように、芯がぶれまくりそうなにおいがプ...
不動産管理あるある

田中屋の不動産あるあるエッセイ「契約書に書いていないことについての論争」

賃貸借契約書・重要事項説明書が分厚くなってきた 契約書も重要事項説明書もだいぶ分厚くなってきましたね。 それはなぜだと思いますか?クレーマーがいるからです。何かにつけて自分のことだけ考えて主張する人がいるからで...
不動産管理あるある

田中屋の不動産あるあるエッセイ「管理員さん」

「管理員さんには個性がある」 個性によって出会っていく。 管理人さん同士仲が悪いこともある。仲が悪いというか、ソリがあわないというのかな。それをまとめるのも一苦労と言えるときもある。 そこで、ふと思い出し...
タイトルとURLをコピーしました