短篇小説

展示・ライブ・ラジオ

ラジオドラマ「湘南サラリーマン女子」あらすじ

登場人物  波砂 :「湘南の女」に憧れて、直江津から湘南へ移り住む。湘南での就職までは縁がなく、渋谷で働く会社員。 あらすじ 第1話「インスタント後悔」 仕事後、裁ち蕎麦を食べるか海鮮丼を食...
短篇小説

奈良あひるの海賊盤現場検証「中央線の看護婦ユカ(23歳)ある日の8月」作/奈良あひる

第4話 ホシは男たちその場を楽しむだけの会話をしていたが、当然のごとく男たちは女をホテルへ導くような話へとシフトしていく。 ホシはそれには乗らないようにしていたが、思いの外、一緒にいた友だちは満更でもない様子で...
短篇小説

奈良あひるの海賊盤現場検証「中央線の看護婦ユカ(23歳)ある日の8月」作/奈良あひる

第3話 ホシは女友だちと二人で、渋谷のクラブに入った。 そこで、自分たちより少し若く見える男二人組に話しかけられたという。 つづく 作/奈良あひる
短篇小説

奈良あひるの海賊盤現場検証「中央線の看護婦ユカ(23歳)ある日の8月」作/奈良あひる

第2話 まずはクラブに向かう。 ユカがその男と出逢ったという現場だ。 この物語は現場検証。 ユカがワンナイトを過ごした足取りをたどる物語である。 今日の服装は、その時のものであ...
短篇小説

奈良あひるの海賊盤現場検証「中央線の看護婦ユカ(23歳)ある日の8月」第1話

渋谷で待ち合わせ。駅前の東急線の緑色の車両の前。渋谷の過去の資料など展示されている。時刻はやはり5時だった。8月暑い。  ユカ「あ、こんにちは、お待たせしました」  奈良「こんにちは」 ユカはタイトめワン...
短篇小説

読み切り「雨宿りの夏」作/奈良あひる

こんな街では、雨宿りと言えばラブホしかない。 いかにも雨が振りそうな日に、バイクに二人乗りで出かけた。 雨が振りそうでも出かけたのは、バイク乗りの男がこの日をたのしみにしていたからだ。 雨が降っていない時点で中止...
短篇小説

青春プチロマン小説「結婚後にもう一度」最終話 作奈良あひる

ホテルを出ると日常である。 ただ普段は通り過ぎていたラブホの前から出てきたと言うだけ。 知らなかったことが少し明らかになっただけ。 三奈は、男はなぜ胸に出すのが好きなのか聞いたつもりだが、その答えが返って...
短篇小説

青春プチロマン小説「結婚後にもう一度」第13話作/奈良あひる

三奈「今日のは撮ってるの?」 ボーカル「そえは今度会ったときに教えるかな」 三奈「それじゃ、また会うしかないですね」 そんなトークがバンドの集客にもいかせればねと三奈は思うのである。 バンド...
短篇小説

青春プチロマン小説「結婚後にもう一度」第12話 作/奈良あひる

男は三奈入り口を撫でている。彼自身のもので。 「ちょっと見てもらいたいものがあるんだ」 と言って、男はスマホを手渡した。三奈が写ってる。男と。それは以前の逢瀬だった。 三奈は抱かれている。...
短篇小説

青春プチロマン小説「結婚後にもう一度」第11話 作/奈良あひる

ボーカル「動画撮ってたよ。女」 三奈「何の動画?」 ボーカル「してるところ」 三奈は返せなくなった。 どこかのだれかとしている。 それを動画に撮っている。 ボーカル「ところで、今日か明日...
タイトルとURLをコピーしました